「孤独」と「悲しみ」は同義ではない

2011年04月26日

復讐

もう40年くらい前の話になるが、私は中国に住んでいたことがある。
日本では東北で大地震が起き、アメリカでははじめて黒人が大統領をしていた頃だ。
当時私はある商社に努めていたのだが、事業拡大の為に上海に在住していた。
2年ほど住んだが、私にはそれが限界だった。
あの匂い、ガスで曇った空、趣味の悪い摩天楼、不潔な街、下品な国民、濁った水、不味い食事。
私は逃げるようにその国を後にしたのだが、
帰りの空港であることがきっかけで中国人と大げんかをし、顔面をひどく殴られた。
血の味のする唇を噛み締めながら主翼の下に広がる上海の街を見下ろして誓ったことがある。
こいつらを一人でも多く殺してやる。

帰国した私はひと時もこの思いを忘れる事が無かった。
TVで中国のニュースが流れればチャンネルを替え、コンビニの店員が中国人だとわかれば店長を呼び出した。
街で中国人を見かければ道を譲るどころか肩をぶつけて歩き、中華料理の店に石を投げ、商売女は徹底的に犯した。
だがむなしかった。
あいつらは今も我が物顔で街を闊歩し、文化を模倣し、領土を侵す。
「殺してやる」
その思いは日増しに強くなる一方だった。

だがどうやって。
モンゴル解放軍に入るか?ゲリラにでもなるか?
無理だ、今の暮らしを捨てられない。自分が死んだら意味が無い。
ヤクザにでもなるか?
刑務所なんてまっぴらだ。それにもう下働きもまっぴらだった。
東京スカイツリーを見下ながらコルビジェのソファーに腰掛けて飲む最高級のワインを捨てられない。
それで私は考えた。
奪えないならあいつらに悪魔をプレゼントしてやろうと。

そういったいきさつで私は武器商人になった。
今からちょうど30年前のことだ。
アメリカに渡り、商社時代に築いたコネで闇ルートの武器商人に会い、取り入った。
その為の努力は惜しまなかった。
中東、東欧、アフリカ、いろんな国に武器を売った。
とりわけ中国との商売に異常な関心を示す私を仲間はよくネタにしたものだ。
皮肉にもついたあだ名がミスターチャイナ。
笑えるだろう。

7年で私は独立した。
日本では初の女性総理大臣がうまれ、世界では後に第三時世界大戦の火種となるイギリスの内乱が勃発していた。
私の小さな会社は戦争特需のあおりを受けて、ぐんぐん急成長していった。
何でも売った。
銃火器はもちろん、戦車から核弾頭、麻薬や傭兵。
世界中を飛び回り、中国と戦争をおこしそうな国には武器や戦闘機を。そして情報を。
中国人には麻薬と時代遅れのライフル銃を。

中国がなんであんなに銃社会になったか君にわかるかね?
当局がとめてもとめても持ち込まれる銃、銃、銃。
君が今いるこの部屋、今座っているそのソファ、その全てが中国人の血でできているのだよ。
モンゴルが独立した時は笑いがとまらなかったね。
あれほど嫌いだった中国のニュースを、ファーストクラスの座席に腰掛けて食い入るように見ていたよ。
もっと殺し合え、もっと殺し合えとね。
そして殺し合えば殺し合う程、武器が売れ、私は潤うのだ。
こんな最高なことがあるか。

私はもう老いた。
君のような若者を見ると、何か諭したくなるのも老いた証拠だ。
いいか。
「復讐からは何もうまれない」
なんてのは嘘だ。まやかしだ。弱者の戯れ言だ。
私を見ろ。この義手を見ろ。この車椅子を見ろ。
私が失ったものなんてこの程度のものだ。
聞こえるんだよ。
やつらの阿鼻叫喚が。
臭うんだよやつらの血の匂いが。
見えるんだよやつらを焼く黒い煙が。
勃起するんだよ、ニュースを見るたびに。この歳になっても。
狂ってると思うか?

そうだな、私は狂っている。
posted by ミグリン at 18:47 | Comment(1) | TrackBack(0) | 降臨 はてなブックマーク - 復讐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

レンズとパンダ

広角レンズほしい。
むちゃくちゃ欲しい。
もうかれこれ3ヶ月くらいamazonの欲しいものリストに入れたのを眺めてる。
パノラマとか撮りたい。
そのレンズもって旅行いきたい。
中国の世界遺産制覇したい。
中国には37カ所の世界遺産がある。
僕はあんまきれいな湖とかでっかい山とか大きい滝とか興味ないから自然遺産除いても文化遺産は26個もある。
福建土楼やばい。福建土楼かなりやばいいきたいあいつこわい。
龍門石窟やばいあいつハンパない。
安徽の古村落の景観やばいしんじゃうせつない。
どうしようもうパニック。
とりあえずカメラをカートに入れちゃうか。
チャチャっと入れちゃうか。
クリックしちゃうか。
posted by ミグリン at 00:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - レンズとパンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

歯医者

中国でこれは避けたいって思ってたこと2つのうち1つを回避できなかった。
歯が痛いんですよ。じくじくと。
じんわりと痛い。
そんでまぁ土日を憂鬱に過ごして、今朝歯医者に行ったんですよ。

話はずれますけど、歯医者なんかただでさえ行きたくないじゃないですか。それが中国でなんて。
絶対銀歯の変わりにプラスチック詰められる!とかいろいろ想像してしまう。
東京ではあれです、可愛い歯科衛生士がいっぱいいて、担当はそばかすのかわいい女医さんの歯医者にわざわざ高い金払って行ってたんですけど、あれはもう幻だったのかもしれんと思いながらえいやー!で予約したんですよ。
上海にもありましたよ日本人のお医者さんがいる日本人が経営してる歯医者。
三島歯科いうてね。
ホームページもしっかりしてる!

そいでまぁ今朝、ほっぺを押さえながら歯医者に行ったわけですよ。
診察カード書いてしばらくしたら日本語で普通に「ミグリンさーん」いうて呼ばれたので、
診察室に入って横になって、待ってたら、普通に日本人のおじさんが担当医なわけですよ。
安心じゃないですか!
地獄に仏じゃないですか!
あとは、まかせたぞ、、、、、
「これ、痛い?」
「いいえ」
「ここは?」
「いたくないれす」
「うーーん、、、」
「、、、、」
「これ強くかんでみて。どう?痛い?」
「いいえ」
「なんか冷たいもの飲んだ時にしみたりする?」
「いいえ」
「食べてるときは?」
「いたくないれす」
「んーーー。虫歯ないねぇ。ちょっとレントゲン撮ろうか」
なんかおかしい。もしかして虫歯じゃない?ただ歯肉が膿んでるとかそういう話?
もしかしたら、薬でなおるかもしれん!しかもレントゲンとか!ハイテク!

「はい、おつかれさま。そこでまってて」
「はい」
「んーとね」
「はい」
「虫歯だね」
「!!!」
「これ、あれだわ。親知らずが虫歯だ。」
「!!!!!!」
「まだ生えてないやつ」
「これ、切開して、抜く事になるから、手術だわ」
「!!!!!!!!!!」

どういうことなんですかね、生える前から虫歯ってどういうことなんですかね。
包茎ちんちんは不衛生とかそういう話ならなんか聞いた時ある。
生まれる前からインフルエンザみたいなそういう話ですか。
すっげー不憫な子ですよ。
健康に生んであげられなくて、ごめんな。かあちゃんのせいで、ほんとにごめんな。

手術こわい。
親知らずを産まれて初めて抜きます。
もれなくみんな顔がこんな風になるらしい。
歯医者.gif
噂はきいてる。

あとあれです、中国は歯医者は保険適用外なんですよ。
おっさんとか歯がたがたですよ。
今日の診察料、500元なので、6500円くらいでしょうか。
手術したらおいくら万円なんでしょうか。
いろいろ不安です。

つづく。
posted by ミグリン at 01:08 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - 歯医者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

あるとき目覚めて君がこういったんだ
「あなたは時間の許す限りありったけの砂を集めて、私のためにお城を建てるの」
僕はあれからずっと三途の川で石を積むように、許されぬ業から逃れる為に砂を集めている

夢で塗り固めたような琥珀色の白い壁が僕の行く手を塞ぎ
右側の扉が僕に囁く
左側の扉が僕を誘う
市松模様の床がゆらゆらゆれて、君の城を砂へと戻すだろう
いつもそうだ
わかりきったことだ

この大きな袋にめいっぱいの砂をつめてもまだたりない
ドン・キホーテなら君を救いにいけるかい
アルセーヌ・ルパンなら君を奪えるかい
トムソーヤなら君を連れて逃げ出せるかい
メロスなら君の横にたどり着けるかい

この街でもあの街でも、僕は砂を集めている
そのTシャツはいいね、素敵だと思うよ
昨日の海に溶け込んで、朝日を浴びたら全てが泡と化すとしても
三日三晩の夜空を超えて君に唄える歌があるよ

明けに望み
陽に想い
暮れに泣き
宵に愛し
床に許される

君は砂の城の、右の塔に住むといい
そこからはきっと僕が愛した全てが見えるだろう


Pete Rock & C.L. Smooth / Take You There (9th Wonder Remix)
posted by ミグリン at 04:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 静かなもの はてなブックマーク - 砂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

flavors.me

今日は『flavors.me』というサイトを紹介するでござる。
『flavors.me』は、誰でも無料で、超簡単に自分のホームページが作れるサイトです。
なんでこれがまだ認知されてないのか超不思議。
まずは僕のサイトを紹介しますにょり。
http://jp.flavors.me/migrin
flavor.migrin.tiff

くどいようですけど、これは簡単に自分のホームページが作れちゃうwebサイトです。
たぶん、ちょっとインターネットの知識があれば、10分くらいでとりあえずのサイトが作れます。
あとはパーツを組み合わせたり、配置を考えたりしてできあがり。
TwitterやFacebook、instagramとかの連携もばっちり。
なんかさ、初めて会った人に、とりあえず僕のflavors.me、みてくれればたいていの事わかりますっていうサイトが作れる。
ほんで僕がいいなぁって思うのは、当然SNSじゃないから、わずらわしいコミュニティとか無いってところ。
mixiとかFacebookみたいに、他人となれ合う必要まったくない。
むしろアドレスしらない人はアクセスしようがない。
ホントに純粋に、いわゆるホームページです。

こういうのって、うまく使えば、就職活動だったり、営業活動にも使えると思うんだよね。
みんなも是非始めてみてはいかがか。
アドレス公開しろとか言わないから、一人で作ってみて悦に入るもよし、友人に共有するもよし、活用するもよし。
因に僕はこれをちょっと前に作ったんですけど、しばらくニヤニヤと眺めてました。

今回初公開。
世の中には沢山便利なwebサービスがあるでござる。
SNSもあれば、動画や音楽の共有サイト、お役立ちサイトまでいろいろ。
自分の考えてることや、好きな物を、しがらみなくどこかにまとめておけるサイトって、なんかええやん?

※因に僕のHPのトップ画像は自作です。ちょこちょここういうデザインを描いては貯め、描いては貯めしてるので、もし気に入ってくれてちょっと画像つくってよ!っていう方はお気軽に!
posted by ミグリン at 04:51 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - flavors.me | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

Books

上海には福州路っていう本屋街があってですね、ほんでまぁ僕はアパレルの人間なんでちょっくらファッション雑誌でも、と思って昼休みにぶらぶらっと出かけたんですよ。あとあれ、中国語習ってるんですけど、その先生に辞書買った方がいい!って言われてたんでそれもあるかなぁって。あぁ、そいえば最近小説読んでないし、日本の小説なんか入ってないかなぁなんて。
まぁなんていうか全く関係ない買い物してしまいましてですね、なんていうんだろう、いつもこれ。
今日は鞄を買いにいくぞ!って思って出かけて水筒を買って帰ってハッとするような奴ですよ僕は。
でまぁ、今回は本は本だったんですけど全く趣旨の違う本を買ってしまいましたので戒めの為に書いておきます。
二度とこういう衝動買いはしないぞ。
たぶん。

STICKERS.jpg Graphic-Design.jpg MAGNUM.jpg

1冊目は『STICKERS』っていう大判のペーパーブック。
ストリートカルチャーでのステッカーのデザインにフォーカスした本です。
なかなか内容も豊富で文字が少なくて見応えある。

2冊目はその名も『Graphic Design』。
まぁズバリすぎる題名なんですけど。
これもちょっとしたCDやフライヤーのデザインが豊富に乗ってていい。

3札目は『MAGNUM』。
マグナムっていう写真家集団はみんな知ってると思うんですけど、そこのまとめみたいな本が出てた。
これはいらなかった。だってマグナムのWebサイトで全部見れるもの。たぶん。
いや、内容は素晴らしい本なんですけど、必要なかった。
でもなんか紙媒体として手元に一冊くらいおいときたかった。
なにこの所有欲。

posted by ミグリン at 01:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 浪費 はてなブックマーク - Books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

わからない

何か最初、わからない事柄があって、わからないのままでいるのが気持ち悪かったり、必要に迫られて調べると
どんどんとわからない事柄が芋づる式に増えていって、
結果として最初に漠然と「なんだかよくわからない」って思ってた時よりも
感覚としてその感じが肥大して、「まったくもってわからない」っていう状態になってることが多い。
はじめの頃より自分が「わかってない」ということを理解する、っていうことなんだろうけど、
これがいわゆる「無知の知」というものだとしたら、自分の無知を知るっていうのもなかなか難しいことだと思った。
自分が「どれくらい」わかってないのか理解するってのが難しい。
無知を知ることって、「オレは何も知らない」って言ってれば良くて、開き直ってればいいって話じゃないのねって、最近やっと気がついた。

まぁそんなこんなで、何か始めようとしたり、何か調べようとすると、決まって頭抱えて大変なんだけど、
だけども、「なんとなくわからない」って思ってた頃のほうが「まったくオレわかってない」って思ってる今より幸せだったとは思わない。
好奇心ってのは尽きることがないねぇ。
ま、この好奇心を仕事にも活かせりゃいいんだろうけど。

Aswad_-_Big_Up.jpg
ASWAD/What I Know
posted by ミグリン at 19:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思考 はてなブックマーク - わからない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。