「孤独」と「悲しみ」は同義ではない

2011年06月30日

だまされてる

彼を見つけるのにそれほど時間はかからなかった。
先刻電話で彼は本屋にいると言ったのだ。それはつまり、新宿のコクーンタワーの地下にある本屋でミステリィの文庫を選んでいるということだ。
彼はとりわけこの新しくて静かで品揃えの豊富な本屋が気に入っていた。
私は畳んだ傘が本に触れないように気をつけながら隣に並び、彼の目線を追いながら彼が何か言うのを待つ。
「はやかったね。」
こちらに顔を向けずに彼が言う。それだけ?それは質問?それともただの感想?
私は答えずに、先ほどから彼がじっと見つめている本棚と彼の顔を交互に見てたずねた。
「アガサクリスティ?珍しいね。そんな古典、すっかり読み終わっちゃったのかと思ってた。」
「いや、僕はニワカ推理小説ファンだからね。特に名探偵が出てくるような小説はあまり読んで無いんだ。」
相変わらず顔は正面を向いたまま、少しだけ口の端をまげて自嘲気味に彼が言う。
「ふーん。で、決まったの?」
「いや、それがね、君、どう思う?」
「何が?」
「この本、『アクロイド殺し』と言うんだけどね、これ、良くないなぁ。」
「何が良くないの?」
「だって、ミステリィってさ、謎を解く「探偵役」と、殺される「被害者」と、「殺人犯」と「トリック」の4つが大切なファクタだろう?」
そこで初めてかれがこっちを向く。私よりもずっと背が高い。
「それでもってこういうシリーズものだと読者は『名探偵ポアロ』の名推理を見たくて読む訳だから、あとお楽しみは3つしかないわけだ。ところがどうだいこの本ときたら『アクロイド殺し』って題名で被害者がバレちゃってる。もう読者は被害者が死ぬのを待ちながら読むわけだよね。不純だなぁ、こういうのって。」
あたりを気にしてか小さな声で彼が唸るように言う。
「よくわからないけど、その「アクロイド」ってのは被害者なわけ?箱根温泉殺人事件みたいに場所じゃないの?」
「でも君、「箱根温泉殺し」とは言わないよね。きっと被害者だと思うよ。」
いかにも不満そうに彼が言う。
じゃぁ違う本にすれば?とは言えず、そんなもんなのかなぁと曖昧に返事をする。
「でもこれにするよ。今のところこれ以外に条件に合うおもしろそうな本がないからね。」
適当な本を手にとりペラペラとやっていた私は顔をあげて彼の方を見る。
「条件?」
「そう。あれ?言ったこと無かったっけ?」
首をかしげて思い出すフリをするが、そんなこと聞いたことが無いのはわかってた。
彼の話してくれたことで忘れたことなんかあるわけがない。舐めてもらっちゃ困る。
「僕は章が奇数の本しか読まないんだ。この本はちゃんと目次があって、しかも小節が27もあってしかも奇数だ。こんな本はなかなか無いよ。」
「え?どうして奇数じゃないとだめなの?」
「僕はね、推理小説の偶数章を飛ばして読むんだ。」
彼がレジに向かっておもむろに歩き始めたので慌てて着いて行く。
「え?ちょっと何言ってるのかわかんないんだけど、どういうこと?」
「そのままだよ。だいたい一章で大切な人間が現れる。そして最後の章で謎解きが行われる。まぁ最後はエピローグになってることも多いけどね。その後、みたいな。」
びっくりした。そんな話は聞いたことも無い。
「冗談でしょ?じゃぁさ、偶数章で人が死んだり、重要なトリックのネタが隠されてたりしたらどうするの?」
上半身を折り曲げて彼の前にこじいれるようにして見上げながら訪ねる。
彼は笑っていた。
「想像したり推理するんだよ。あぁ、この前の章で何かあったんだなって。だから登場人物がこんなに慌てているんだなって。すぐにそのことに触れる文が現れるしね。でもこの『アクロイド殺し』みたいに27も章があると助かるなぁ。酷い時には3つしかないなんてこともあるからねぇ。」
何が助かるんだ?レジの列に並ぶ彼の後ろ姿はさも愉快そうだ。どうも騙されている気がする。
「そんな人初めて見た。それ、おもしろいの?」
「うーん。そうだね、リアルではあるかな。」
「リアル?」
「そう。だって、僕らが何か起こっている事象を知る時って、きっとこういう風に断片的だと思うんだ。こんな風に小説みたいに全ての事柄を筋道たてて時系列で知ることなんてできないと思うんだ。」
「それ、何かの訓練?」
眉をひそめて問う私に彼は笑顔だけをよこす。やっぱりだまされてる?
レジの店員が手をあげて彼を呼ぶ。彼が支払いを済ませている間、私はこの後の食事のプランについて考えることにした。
雨が止めば伊勢丹の方まで足をのばしてもいい。あのミネストローネスープ。きっと彼は気に入るはずだ。でも、久しぶりに焼き肉なんてのもいい。個室でおいしいお店があったはずだ。そうだ肉が食べたい。そう思うと急におなかがすいてきた。
彼が振り返ったら焼き肉にしよう。振り返れ振り返れ。念ずる。振り返れ振り返れ!
彼が振り返る。やった!私はここ一番、特上の笑みで返す。
「ねぇ、700円貸してくれない?」

それほぼ全額!絶対だまされてる!



Think Twice/Piano Break
posted by ミグリン at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 降臨 はてなブックマーク - だまされてる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月26日

復讐

もう40年くらい前の話になるが、私は中国に住んでいたことがある。
日本では東北で大地震が起き、アメリカでははじめて黒人が大統領をしていた頃だ。
当時私はある商社に努めていたのだが、事業拡大の為に上海に在住していた。
2年ほど住んだが、私にはそれが限界だった。
あの匂い、ガスで曇った空、趣味の悪い摩天楼、不潔な街、下品な国民、濁った水、不味い食事。
私は逃げるようにその国を後にしたのだが、
帰りの空港であることがきっかけで中国人と大げんかをし、顔面をひどく殴られた。
血の味のする唇を噛み締めながら主翼の下に広がる上海の街を見下ろして誓ったことがある。
こいつらを一人でも多く殺してやる。

帰国した私はひと時もこの思いを忘れる事が無かった。
TVで中国のニュースが流れればチャンネルを替え、コンビニの店員が中国人だとわかれば店長を呼び出した。
街で中国人を見かければ道を譲るどころか肩をぶつけて歩き、中華料理の店に石を投げ、商売女は徹底的に犯した。
だがむなしかった。
あいつらは今も我が物顔で街を闊歩し、文化を模倣し、領土を侵す。
「殺してやる」
その思いは日増しに強くなる一方だった。

だがどうやって。
モンゴル解放軍に入るか?ゲリラにでもなるか?
無理だ、今の暮らしを捨てられない。自分が死んだら意味が無い。
ヤクザにでもなるか?
刑務所なんてまっぴらだ。それにもう下働きもまっぴらだった。
東京スカイツリーを見下ながらコルビジェのソファーに腰掛けて飲む最高級のワインを捨てられない。
それで私は考えた。
奪えないならあいつらに悪魔をプレゼントしてやろうと。

そういったいきさつで私は武器商人になった。
今からちょうど30年前のことだ。
アメリカに渡り、商社時代に築いたコネで闇ルートの武器商人に会い、取り入った。
その為の努力は惜しまなかった。
中東、東欧、アフリカ、いろんな国に武器を売った。
とりわけ中国との商売に異常な関心を示す私を仲間はよくネタにしたものだ。
皮肉にもついたあだ名がミスターチャイナ。
笑えるだろう。

7年で私は独立した。
日本では初の女性総理大臣がうまれ、世界では後に第三時世界大戦の火種となるイギリスの内乱が勃発していた。
私の小さな会社は戦争特需のあおりを受けて、ぐんぐん急成長していった。
何でも売った。
銃火器はもちろん、戦車から核弾頭、麻薬や傭兵。
世界中を飛び回り、中国と戦争をおこしそうな国には武器や戦闘機を。そして情報を。
中国人には麻薬と時代遅れのライフル銃を。

中国がなんであんなに銃社会になったか君にわかるかね?
当局がとめてもとめても持ち込まれる銃、銃、銃。
君が今いるこの部屋、今座っているそのソファ、その全てが中国人の血でできているのだよ。
モンゴルが独立した時は笑いがとまらなかったね。
あれほど嫌いだった中国のニュースを、ファーストクラスの座席に腰掛けて食い入るように見ていたよ。
もっと殺し合え、もっと殺し合えとね。
そして殺し合えば殺し合う程、武器が売れ、私は潤うのだ。
こんな最高なことがあるか。

私はもう老いた。
君のような若者を見ると、何か諭したくなるのも老いた証拠だ。
いいか。
「復讐からは何もうまれない」
なんてのは嘘だ。まやかしだ。弱者の戯れ言だ。
私を見ろ。この義手を見ろ。この車椅子を見ろ。
私が失ったものなんてこの程度のものだ。
聞こえるんだよ。
やつらの阿鼻叫喚が。
臭うんだよやつらの血の匂いが。
見えるんだよやつらを焼く黒い煙が。
勃起するんだよ、ニュースを見るたびに。この歳になっても。
狂ってると思うか?

そうだな、私は狂っている。
posted by ミグリン at 18:47 | Comment(1) | TrackBack(0) | 降臨 はてなブックマーク - 復讐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

機内アナウンス



実際に運行している飛行機の機内アナウンス。乗ってみたい。
月並みなコメントだけれど、こういうのってやっぱり欧米人のユーモアだよね。あと客のノリ。けしからん!とか、機内で足踏みとかありえん!ってなんないんだもんね。逆に調子に乗って馬鹿騒ぎする学生とかもいないんだもんね。つまんないこと言い出すやつがいないっていうか、苦笑い程度ですませられるっていうのが素敵。
コックピットはDJブースとかだとか。
posted by ミグリン at 16:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 降臨 はてなブックマーク - 機内アナウンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

欠片

わたしはここで待っている。
窓辺に並べた金や銀の欠片を眺めては夢想にふけり、運命がその扉をノックするのを待っている。そう言えばすこしは聞こえがいいだろうか。
実のところ、私の仕事と言えば毎日のように送られて来る歯形の石膏に合わせて、この小さな仕事場とも住居ともつかない部屋で金や銀の欠片を削る事だけ。
赤ら顔のレリーヌが持って来る封筒の中のいびつな石膏から雌型をとり、そこにドロドロに溶けた金や銀を(ほとんどの場合銀だが)を流し込んで直径1cmにも満たない模造の歯をつくる。
夏でもコートの必要なこの街ではこんな季節でも白い雪が蝶番の錆びた木のさっしに積もる。
カバレロは何よりも温度が大切だと、最初に教えてくれた。
『こんな寒い街ではそんなやりかたでは銀や金が長く持ちはしない。今に口の中で割れて喉に突き刺っちまう。』
わたしの心にはもうずっと昔に割れた欠片が、刺さったままだ。
そしてこの窓辺に並べられた、引き取り手のいなくなった金や銀の誰かの欠片達。
途中で治療をやめてしまったのか、あのいやらしい笑顔の医者が提示する法外な医療費に恐れをなしたのか、死んでしまったのか、忘れたのか、それすらもわからないが、こうして並べてやればその間は欠片達もひとりではない。
わたしのように、コートの襟を合わせて、ひび割れた指をさすりながら街灯に照らされることもない。
お前達のご主人様はどこの誰?
抱えた膝に顎を乗せて指ではじいても、気のきいたジョークのひとつでも返すわけでもない。
だからわたしはここで今夜も夢想にふける。
いくつもの金や銀の鈍い光の持ち主を。
小さいものや大きいもの。尖ったものや丸いもの。新しいものや古いもの。
不気味な話だがずっと、こうして毎日、来る日も来る日も歯を見ていればだんだんそれが、どんな人物のどこの歯の部分かだいたいわかるようになる。
こんなちいさな欠片でもわかるようになる。

そしていけないこととは知りながら、想像せずにはいられない。
「あのひと」のことを。
「あのひと」はまだこの街にいるだろうか。
きっとわかる自信がある。
きっと「あのひと」の欠片をあててみせる。

そうして今日もわたしは、鼻先まで赤くしたレリーヌが持って来る小さな封筒を待っている。ギシギシなる階段をひとつとばしに駆け上がる靴の音を、いやに軽いノックの音を、背中を向けて、こうして窓辺に膝を立てて待っている。

だけれど、きっとわたしの欠片はどこの窓辺にも無い。

Christina Aguilera / Fallin In Love Again
posted by ミグリン at 00:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 降臨 はてなブックマーク - 欠片 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

ポスターボーイ


NYCのアーティスト。かっこいい。
posted by ミグリン at 17:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 降臨 はてなブックマーク - ポスターボーイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

谷川俊太郎

ばかで

びじんの

ぶた

べそかいて

ぼんやり


すげー好きな詩です。谷川俊太郎は以下の詩で有名
posted by ミグリン at 18:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 降臨 はてなブックマーク - 谷川俊太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

いぢった

ちょっとルパンでいぢってみたんですけど記事を変えるたびにカシャカシャカシャ!でけでぇ〜ん!だだっだだん!てうるさいので24時間限定にしようと思う。よ。

PUNCH THE MONKEY! 2.jpg
Monday Michiru/ラヴ・スコール (M&M Bossa Bass Space)
マンデーさんは何より声がいいよねすごい好きなアーティストの1人です。そしてこの曲は心地良くなれるジャパニーズタイトルのトップ5です。
原曲はこちら。



公開終了のお知らせ
posted by ミグリン at 01:18 | Comment(1) | TrackBack(0) | 降臨 はてなブックマーク - いぢった | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

白いニット帽

さっきゴミ出しにいったらエレベーターに向かって何回もおじぎしよるおじさんおったよなんかいいことあったんかな。みなさんのマンションに彼が現れるのは明日かもしれません。


Space Cowboy/Crazy Talk
posted by ミグリン at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 降臨 はてなブックマーク - 白いニット帽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

好きな言葉

むかしいんぐりもんぐり好きだったなぁ
posted by ミグリン at 17:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 降臨 はてなブックマーク - 好きな言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。